冬のカサつき

josei-kao

冬は肌が乾燥し、カサつきやすくなります。
体中どこの肌でもそうなる事があり、特に露出している部分では
カサつきやすくなります。
カサつく事により粉をふいてしまったりするため、
体だった場合はボディクリームなどを塗り、
保湿を行っていけばカサツキを防ぐ事が出来ます。

 

冬のカサつきで気になる部分と言えば、手があげられます。
手は家事など水仕事をするとカサつきやひび割れにもなり
ハンドクリームが手放せない、という人も多いでしょう。
ハンドクリームには様々な種類があるため、
お気に入りのハンドクリームを毎年買っているという人も少なくありません。

 

また冬のカサツキが気になる部分といえば、やはり一番気になるのは顔の肌です。
顔の肌は一番露出している部分であり、乾燥しやすい部分になります。
特に外出する時は強い風、乾燥している空気にさらされ、乾燥しやすくなります。
乾燥した肌はダメージを受けやすく、カサついてしまう事により
痒くなったりする人も多くいると思います。
顔の肌は乾燥するとシワの原因などにもなりやすいので
しっかりと保湿を行い、外出先でも定期的に保湿するのが効果的です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ